AI(人工知能)で要らなくなる職業 自動車の板金屋さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
AI(人工知能)で要らなくなる職業

今や AIでなくなる職業って色々 言われますよね。

ほんとにそんなことになるのかなぁ
なんて思うんだけど
ほんとになっちゃうのかもしれません。

そんな中 僕の知り合いの自動車の板金屋さん。

自動車が自動運転になると
ぶつからない 事故が起きないから
板金屋の仕事がなくなっちゃうんだって
と嘆いていました。

 

AIで必要なくなる職業

 

AIで必要なくなる職業 本当にそんな時代が来るのか

 

はっきり言って僕にはわかりません。

 

そんなことになるのかもしれないし
ならないのかもしれない。

 

まるっきり 仕事がゼロ とはならないかもしれないけど
仕事がAIにとって代わられて
減ることは間違いないことなんだろうか
とは思ったりします。

 

そうなれば 同業者間でも
生き残れる人と
そうでない人が出てきてしまうのも
必然なんでしょうね。

 

生き残りの道を探すのか、別の道を探すのか

 

そうなると 判断に迷うところですね。

 

生き残りのために
熾烈な競争環境に身を置くのか

それとも 別の道を模索するのか

どちらにしても 茨の道であることに変わりないでしょう。

 

でも こんなこともあります。

 

僕は大工さんの使う道具
かんな とか 鑿 とか 玄能(金槌とかトンカチとも言いますね)
を扱っていたので知ってるんですが
いっとき その道具を作っている職人さんは
売れないので多くが廃業しました。

 

電動工具に代わられて
古来からの手で扱う道具は使われなくなってしまったんです。

 

ところが何年くらい前からでしょうか
じわじわと人気が出てきて
3年前には僕のやっていたネットショップでも
商品が入らなくなってしまったんです。

 

注文はバンバン来るんですよ。

でも売る商品がない。

 

こんな経験は30数年の商売の中で経験がありません。

 

今や職人さんのところに
海外から直接注文が殺到して
さばききれなくなってます。

 

だから僕のところになんて売ってくれる訳ないんですよね。

 

これは今や珍しいケースではないようですね。

 

昔からの日本の伝統的な職人さんに仕事が殺到する
というのは。

 

別の道を探す方がいいかも

 



 

でもね これは日本の伝統的な職人さんの話し。

 

会社に勤めていて
その会社が世の中から必要とされなくなってしまったら
残ることはできないでしょう。

 

別の道を探すと言っても
じゃあ何をやればいいんだ
という話しですよね。

 

冒頭の自動車の板金屋さんの例で言っても
なかなか難しい決断です。

 

また 人に雇われて、お金に支配される道を選ぶか
自分で何か始めて、お金を支配する方を選ぶかも重要な問題です。

 

昔は 人にやとわれて給料をもらっている方が
安定してていい なんて時代もありました。

でも いまやそんなことは完全に過去の事になっていますね。

 

リスクをとって起業しても
10年後残るのは5%だなんて言われたら
リスクを取るのも恐くなってしまいます。

 

もう完全に八方ふさがり。

 

でも求人情報を見ると
求人はたくさんあります。

 

昨年の有効求人倍率が1.55倍ですから
当たり前の話しではありますね。

 

どんな仕事に求人があるか

 

でも 多くの人が望む 一般事務 という仕事。

 

一般事務の正社員なんて求人はほとんどないでしょう。

 

一般事務 ってなんか楽そうですよね。

 

お客さんと相対するわけじゃなし
生産に直接かかわるわけじゃなし
責任がない というか 何となくできちゃう仕事って感じがします。

 

求人がある仕事は
キツイ仕事の場合がほとんど。

 

なので 入ってはやめ、入いってはやめ なので
常に求人が出ている ってことなんでしょうね。

 

宅配便
介護施設
コンビニ
外食チェーン
建設関連
営業

 

このブログは熟年が対象なので
上記のような職種に付ける人は
そう いないのではないかと思いますねぇ。

 

宅配便だと年配の方も
配達に来ることは多いですけど
きついらしいですよ。

 

まして大手企業で働いでいた人には
とても無理 プライドが許しませんよね。

 

やはりそういう人は
自分で何か始めるしかないかもしれません。

 

権利収入という道

 

大手企業を退職した方なら
退職金をある程度もらっていると思います。

 

2~3年は収入がなくても大丈夫でしょう。

 

だったら権利収入の道を探すのもいいんじゃないでしょうか。

 

権利収入については ↓ ここでも書いていますが

https://www.honki-kigyou.jp/except-for-pension/1297/

やってはいけないことが5つあります。

 

1、借金
2、初期の多大な投資
3、在庫を持つ
4、その時の最先端と言われる技術(すぐに最先端ではなくなる)
5、従業員を雇う(権利収入ならいらないだろうけど)

 

権利収入といっても
僕の今の仕事のように
最初は自分で動かなければならないこともあります。

むしろその方が多いかもしれません。

 

僕の年(64才)でもまだ動けるので
きっとあなたも大丈夫でしょう。

 




 

★年金以外に収入を得たいあなたに贈るブログ★

 

コメントを残す

*

業界の第一人者になる!無料メール講座

業界の第一人者になるには?
あなたの強みを見つけて、ニッチな分野を探し出し、
「その業界の第一人者になる」 そのヒントを 7回に渡ってお届けします。


【業界の第一人者になる】メール講座詳細を見る