定年で起業してみました メンターはいますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
定年で起業してみました

定年で起業してみました メンターとは

 

昨日の話しの続き プレスリリースにつながっていきます。

プレスリリースを自分ではできない
業者に頼んでも 箱までは考えてくれない

じゃあ どうしろと言うんだ!!

で終わりました。

 

そこで 登場するのが メンター です。

 

定年で起業してみました あなたにもメンターはいるべきです

メンター というのは 先生 師 相談者 参謀

まあ 大体こんなような意味でしょうか。

 

アメリカの大統領が今度 誰になるかわかりませんが
彼 もしかしたら 彼女 にも 必ずメンターがいます。

 

どう考えたって あらゆる分野に精通している
なんて スーパースター はいないでしょう。

 

得意な分野はあるにせよ
知らない分野だってあるはずです。

 

外交は得意だけど 経済は音痴(近くの国の指導者みたいですね)
経済には精通しているけど 福祉のことはわからない

色々な指導者がいるはずです。

 

野球を考えてください。

投手出身の監督には 打撃のことはわかりません。
そこで 打撃コーチがいます。

 

あらゆるところに メンターは存在しています。

なので あなたにも メンターがいるべきなのです。

 

定年で起業してみました 集客のことがわからない

定年で起業したけど 集客のことがわからない
という人は 本当に多いです。

 

まあ これは最もなことで
商品やサービスのことは 当然よ~~く知っているわけです。

ほとんどの人が 起業するときに
商品・サービスから入りますから
当然 熟知しています。

 

ところが お客様のこと 集客のことを先に考えてから
商品・サービスを考える人は
残念ながらほとんどいません。

本当は こちらの方が正解なのですが・・・・

この話しは またの機会にということで。

 

なので 集客をどうしたらいいのかわからないのなら
集客に関するメンターを付けるべきなのです。

 

定年で起業してみました メンターはあなたのことを知っている

そんなメンターなら
あなたのことを ある程度知っているはずですね。

 

そうすれば こういう企画をして
こうすれば メディアが取り上げてくれやすい
とアドバイスすることができます。

そのメンターがプレスリリースのことを知っていればですが・・・

まあ 集客のコンサルタントなら 普通は知っていると思いますけど。

 

で 企画の立て方 です。

あなたの仕事が 元々

公共性がある
社会性がある
社会現象になっている
話題性がある
新しい
弱者救済

等々に関連しているなら
取り上げてもらいやすいですね。

 

でも これらに関連していないからと言って
諦めるのは早いですよ。

 

なければ 作ればいいんです。

↓ TVでた蔵

http://datazoo.jp/

を見てください。

あまり参考にはならないかもしれませんが
どんなことが どんな話題が テレビで取り上げられているか
わかると思います。

 

追伸

集客をどうしたらいいのか
から考えるのは 実は間違っています。

まず先に考えるべきは
あなたの商品・サービスを使ってくれる

お客様のことを考える

です。

本来 お客様を第一に考えてから
集客に入るのですが
そこを 集客のテクニックにばかり頼ろうとする。

これは これから重点的にお話しする
第一人者になることにもつながっています。

まあ これは 私たち 集客を教えるコンサルタントが悪いのですが・・・・

 
熟年起業家を業界の第一人者へ!!
熟年本気起業もんべや

 
★聞いてみたいこと コメント等ありましたら ぜひ ↓ からお願いします
 

コメントを残す

*

業界の第一人者になる!無料メール講座

業界の第一人者になるには?
あなたの強みを見つけて、ニッチな分野を探し出し、
「その業界の第一人者になる」 そのヒントを 7回に渡ってお届けします。


【業界の第一人者になる】メール講座詳細を見る