ゴルフのルール変更とビジネスとの関連

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ゴルフルール変更,ビジネス,障害を乗り越える

トランプ大統領を嫌う人は多いですが
実は彼 スポーツマン なんです。

今の姿からはあまり想像できないけど
若いころはかっこよかったんですよ。

で 彼のゴルフ好きは有名ですね。

彼の書籍に ビジネスとゴルフに関する部分があるので
トランプを毛嫌いしている人も
へえ 彼にこういう部分もあるんだ
とうことがわかると思うので
読んでみることをお薦めします。

 

 

楽な方へとゴルフのルール変更

 

ゴルフのルール変更

 

ゴルフのルールが変更されるそうです。

 

ゴルフルール変更,ビジネス,障害を乗り越える

 

詳しく見ていないので(そんな暇はない)
よくわからないけど
例えば バンカーから2打罰で
後方に出して打つことができるそうです。

 

OBはOBゾーンに入ったと思われる所から
1打罰で打てるそうです(ここは良く見ていないのでご自身で確認してください)

 

で OBに関して間違った解釈をしている人が多いので
ここで説明しますね。

 

OBは2打の罰 と思っている人が多いですが
OBの罰(ペナルティー)は1打です。

 

本来なら 1打罰を加えて OBになった球を打ったところに戻って打ち直し。

 

あるいは 打った時点でOBの可能性があれば暫定球を打っておく。

 

でもそれでは時間がかかるので
便宜上 前進4打 というローカルルールがあります。

 

OBになった球を打った1打と罰の1打。

戻って打ち直した1打(ここまでで3打になる)
が飛んだであろう想定した場所から打つのが
4打目になります。

これが前進4打です。

 

打ち直した球がナイスショットだった との前提ですから
かなりお得ですよね。

 

で 問題は前進4打がない場合。

 

戻って打ち直しなんて
後続の組がもう待ってるしできないですよね。

 

だから OBに入ったと思われる場所から打つわけですが
2打罰だと思ってると
OBになった球を打った1打をすっ飛ばしちゃうんですね。

で そこから3打目で打ちゃう人が結構多かったんですよ。

 

これが ルール変更でいいことになるようですね。

かなり甘い措置。

 

★OBに関してちょっと間違っていたようなので補足します。
OBに入ったと思われる地点から2打罰で打つそうです。
だから前進4打と同じですね。
でも前進4打の方がいい場所から打てる場合が多いので
結果 難しくなるかもしれません。
くれぐれもOBになった球を打った1打を
忘れず加えるようにしてください。
そうしないと前進3打になっちゃいますからね。

 

ルール変更の目的

 

今 世界的にゴルフ人口が減っています。

 

だから アディダスもナイキもゴルフ用品から撤退。

 

で ややこしいルールを簡素化しよう
また プレイ時間の短縮で
お客を取り戻そう という趣旨のようです。

 

ようは もっと簡単にして
楽しんでもらいましょう
ってことなんでしょう。

 

もちろん 公式戦には通用しませんよ。

 

ボーリング場のガター(正確にはガーターではなくガター)に落ちないように
バンパー? が出てくるのと同じような感じかな。

 

まあ 単なる遊び と考えれば
いいことのようにも思えます。

 

がこれをビジネスに持ち込むと
いかがなものか になります。

 

バンカーから何度も打つ うまくいかないから練習しようと思う

 

今は何でも 楽な方 楽な方 に行きがちですね。

 

このゴルフのルール変更がいい例です。

 

ゴルフの初心者が一番 嫌がるのがバンカー。

 

打ち方さえわかれば ピンそばに寄せることは別にして
バンカーから脱出することは、そんなに難しいことではないです。

簡単と言ってもいいくらいです。

 

でも 嫌だ嫌だ と思って
簡単なルールを適用ばかりしていたら
バンカーから抜け出すことは
いつまでたってもできないでしょう。

 

遊びなんだからそれでいいじゃん

 

これねえ そうは言えないんですよ。

 

遊びだからいい

がビジネスにつながってきてしまうんです。

 

ビジネスにもバンカーのような障害が
何度も立ちはだかってきます。

 

バンカーから2打罰で後ろに出すようなことをしていたら
いつまでたってもその壁は乗り越えられないし
ビジネスの死にもつながってしまいます。

 

バンカーに入っても大丈夫なように練習する

 

ビジネスに壁が立ちはだかっても
その壁を乗り越えるように知恵を絞る

 

立ちはだかる障害から逃げることばかり考えないで
立ち向かっていく。

 

ゴルフからこんなことも学べると思いますよ。

 

さらに言うと 審判がいない

 

多分 僕の知る限り
審判のいない唯一のスポーツがゴルフ。

 

すべて自分の判断で行います。

 

これもビジネスと同じですね。

 

法律を冒さない限り すべては自己責任。

 

ゴルフはルールで障害から逃げることができるようになりますが
ビジネスは今後もそうはいきません。

 

そして 逃げてばかりいたら、ますます厳しくなるでしょう。

 

★年金以外に収入を得たいあなたに贈るブログ★

 

 

コメントを残す

*

業界の第一人者になる!無料メール講座

業界の第一人者になるには?
あなたの強みを見つけて、ニッチな分野を探し出し、
「その業界の第一人者になる」 そのヒントを 7回に渡ってお届けします。


【業界の第一人者になる】メール講座詳細を見る