なぜ ネットワークビジネス は挫折するのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ネットワークビジネス挫折

ネットワークビジネスに携わっている人が限定されている

 

さてさて 日本のGDP(国民総生産)って
どのくらいだか知ってる?

愚問だったね。

ざっくりですよ 500兆円 です。

で 日本の就労人口は これもざっくり 6500万人 です。

これに対して
ネットワークビジネスに携わっている人達って
どれくらいいると思いますか?

 

就業人口の10%で 0.16%のGDP寄与

 

ごめんね ごめんね (U字工事 風に)
これもざっくり 650万人。

ざっくりですみませんけど
計算がしやすいんでね。

ほぼ 就業人口の10%の人達が
ネットワークビジネスに携わっているんですよ。
(本業とダブっているのは置いといても)

でね ネットワークビジネスの市場規模って
どのくらいあるか知ってますか?

なんと 8141億円!!

あっ
この数字 実はね

月刊ネットワークビジネス

って雑誌が出てるんだな。

 

ネットワークビジネス挫折

 

まあ 色々と裏はあるんだろうけど
月刊誌として
書店でもアマゾンでも売っているので
興味があったら買って読んでみるのも面白いと思う。

 

8141億円 すごい!! 

 

って思いました・・・  ???

 

でもね さっき言ったように
日本の10%の就労人口で
GDPに寄与するのは
たった 0.16% なんですよ。

 

わかりますか!

 

本来なら 50兆円
の売り上げながなきゃおかしいでしょ。

 

10%なんだから。

 

トヨタじゃないんだから
ってことは置いといても
おかしいと思いませんか?

 

日本の就労人口の10%の人たちが
少なくない資金を出して
毎日 一生懸命 勧誘してまわって
売ってもらって、買ってもらって
日本のGDPのたった 0.16% しか
生み出せていないんです。

 

1%だって 5兆円あるんです。

 

0.16%って言ったら
500兆円の ざっくり 0.2% としても 1兆円

 

就労人口の10%の人達が生み出せるであろう金額50兆円の
たった50分の1しか生み出せていなんです。

 

こんな仕事 やりたいと思います?

 

僕はやらないな。

 

☟ ただ ロバートキヨサキのこの本では
  お金がない人が権利収入を得るには
  ネットワークビジネスしかない とも言ってるけどね。

 

 

一度 読んでみることをお薦めしときます。

 

ネットワークビジネス650万人の中だけでは

 

今までのネットワークビジネスって
その650万人の中で回っているんです。

 

まあ そんな中であなたも知っている
アムウエイはダントツで
1000億円を超えています。

 

すごい!!

 

と思うかもしれないけど
1996年には2121億を売り上げてるので
半減だよね。

 

ネットワークビジネスは
常に新しいのが出てきて
古くからの会員が
ごっそり そっちへ移っていく
の繰り返しなので
全体としての関わる人数や
売り上げが増えないんだね。

 

その原因の一つが

売っている商品の種類が偏っている

という事。

 

栄養補助食品
簡単に言えば サプリ だね。

 

これだけでネットワークビジネス全体の売り上げの半分なんだ。

 

次に化粧品

 

この二つで 何と 約80%なんだよ。

 

次の下着が6.4%だから
いかにレッドオーシャンかわかるでしょ。

 

650万人の外へ飛び出したら

 

でね あなたもそうだと思うんだけど
ネットワークビジネスに携わったことのない人
または一度やってみたけど
うまくいかなくて もう二度とやらない
と決めた人

こういう人たちが
日本の就労人口の90%

5850万人もいるんだね。

 

だからぁ~~~

 

もし ネットワークビジネスで
この5850万人の中に入っていくことのできるのがあったら・・・

 

すごいと思わない?

 

日本人の誰もが欲しがって
しかも競合の出てくる可能性が
限りなくゼロに近いようなネットワークビジネスがあったら・・・

 

まっ なぁ~~にを寝ぼけたこと言ってるんだ!!

 

だろうけどね。
 
 

★この記事を読んでの感想、ご質問などありましたら★

  ☟ ここをクリック

お問い合わせ まで

 
 

★年金以外に収入を得たいあなたに贈るブログ★

 

 

コメントを残す

*

業界の第一人者になる!無料メール講座

業界の第一人者になるには?
あなたの強みを見つけて、ニッチな分野を探し出し、
「その業界の第一人者になる」 そのヒントを 7回に渡ってお届けします。


【業界の第一人者になる】メール講座詳細を見る