老婆の休日 桂文珍の落語 田中真紀子のジョーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
女性の老後破綻,老婆の休日

オードリーヘップバーンのローマの休日をもじった落語

老婆の休日

老婆がケーキ屋さんに来て
「これ下さい」とショウケースを指差していますが
店員さんには見えませんから、
「名前を言って下さい」
「ヨネです」。

帰って来ても、パクパクと急いで食べています。
ケースを見ると『お早くお召し上がり下さい』。

最近のレストランでも外食チエーンでもアルバイトを使っていますから
定型文を覚えさせます。

「いらっしゃいませ。アリガトウございます。
大ですか、小ですか。お持ち帰りですか、こちらでお召し上がりですか」。

一日中そればっかりです。

そこに老婆がトイレを借りに行ったのです。もうお分かり …

 

老婆の休日 笑い事じゃない時代が来る

 

収入に合わせた生活をしようとしていませんか

 

まあ ネガティブなことばっかり書いてるブログだなぁ
と思うでしょうね。

 

書いてる僕は全然ネガティブじゃないんですけど。

 

むしろ ネガティブな意識から脱してもらおうと書いてるんです。

 

世の中の大部分の人々が
収入に合わせた生活をしようと
日夜 努力しています。

 

収入を増やすことを考えるのではなく
収入に合わせて 生活費を抑えることしか考えません。

 

まあ 仕方のない部分はあります。

 

普通に働いていたのでは
収入は一向に増えないんですからね。

 

住宅ローンや子供の教育費がかかるようになれば
支出を減らすしか道がないように見えます。

 

↓ こんな記事を見つけました

夫の所持金は685円、妻のママ友ランチは2000円

 

僕はサラリーマンではないし
子供二人も 自分で事業をしています。

 

だから 僕の周りでこんな人は知りません。

 

でも 付き合いがサラリーマンだけ
という人だったら
こんな人もいるのかもしれません。

 

 

老後破綻 65歳で貯蓄420万円 独身女性に迫り来る

 

僕が言う 老婆の休日
ちょっと差別的な表現しれないけど
どうしても女性の方が長生きです。

 

先に旦那が亡くなって
旦那の年金がもらえなくなるケースが多い
(まったくもらえないわけではないようですが
ケースバイケース)
ことが原因になります。

 

実際に女性のホームレスは
増加しているという事実。

 

また ↓ こんな記事も見つけました

65歳で貯蓄420万円 独身女性に迫り来る老後破綻

 

でも これもやっぱり支出を減らすことが前提になっています。

 

一度きりの人生だから 好きなことをやりたい

誰だってそう思いますよね。

 

今の時代 それをほとんどの人が諦めて
支出を切り詰めてなんとか凌ごうとしています。

 

そんな時代であっても
やろうと思えば収入を増やす方法なんて
勤めていてもいくらでもあるんですよ。

 

リスクなしに出来ることが。

 

やればできるのに やろうとしない

 

僕の周りはポジティブな人ばかりです。

 

金物屋時代は いい加減な人生を歩んできましたけど
やめてからこっちは
めっちゃポジティブな人ばかりのコミュニティに
居続けています。

 

そんな彼らは
たとえ勤めていても
収入の道を見つけて
それをやり続けます。

 

会社から帰って来て
3~4時間で出来ることもたくさんあるんですよ。

 

その資金を基に起業しようという人もいれば
そのまま勤めながら
その資金で投資をしようとする人もいます。

 

人それぞれですけど
長い人生の中で ほんの いっとき でいいんです。

 

若い人なら5年位続けてみたって
あとの長い人生を考えたら
ほんの一瞬じゃないですか。

 

同僚から 付き合いの悪いやつだ
あいつ友達もいないんだぜ

って言われたっていいじゃないですか。

 

友達なんて 後からいくらでもできますよ。

 

それもお金に苦労しないポジティブな仲間が。

 

いつもお金にピーピーしている仲間と一緒に

上司の悪口
政治の悪口
あいつが悪い
こいつが悪い

と言い合ってて楽しいですか。

 

そんなコミュニティから
早く抜け出しましょうよ。

↓ この記事でも言ってるように

何かを成し遂げようと思ったら 何かを犠牲にする
僕たちの年代は
先ほどの老後破綻のように
若い人以上に恐ろしい現実が待っています。

 

若い人はまだ準備期間が長く残されていますが
僕たちにはそんな余裕はありません。

 

よほどの資産家でない限り
いくら大企業に勤めていようと
公務員であろうと
(重役や高級官僚で天下りできれば別)
普通の人では 今すぐに動かなければ
間に合わないでしょう。

 

★年金以外に収入を得たいあなたに贈るブログ★

 

 

コメントを残す

*

業界の第一人者になる!無料メール講座

業界の第一人者になるには?
あなたの強みを見つけて、ニッチな分野を探し出し、
「その業界の第一人者になる」 そのヒントを 7回に渡ってお届けします。


【業界の第一人者になる】メール講座詳細を見る