竜王ラドン温泉 『湯~とぴあ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

たまには気分を変えて 僕の大好きな 温泉 の話しでもさせてください。

先週金曜日は 禁断の女湯 でしたぁ~~

金曜日は いつも行っているジムが定休日なので
あっちこっちの温泉に出没しているわけですが
先週は久しぶりに 竜王のラドン温泉に行ってきました。

久しぶりだったので知らなかったんだけど
11月30日から12月24日まで 浴室改装中で
片方の浴室を 時間別に男女交互に使っているんですね。

そんなこととは つゆ知らず
昨日20時45分頃到着。

うん? いつもは車がいっぱいなのに
全然 車が止まってない。

もしかして休み?

と恐る恐る玄関へ。

ああ そういうことか と納得。

ラドン吸入室

僕はここの温泉も大好きなんですよね。

塩素消毒してなくて
循環していない(循環してても源泉をそそいでいる)
のがわかるのが そのまま 飲泉できるかどうか。

湯の注ぎ口に 飲泉用のコップが置いてあれば
源泉そのまま ってことでいいと思います。

でここは もちろん 純温泉 なんですが
加えて ラドン吸入室 というのがあって
人工的に作り出したラドンが充満している部屋です。

純温泉に入りながら ラドンを吸入できるという
日本でも数少ないか 日本で唯一か わからないけど
非常に珍しい温泉であることには間違いないでしょう。

とにかく この吸入室は サウナ みたいに 発汗できます。

しかも 純温泉なので
源泉そのままを 加温 加水 塩素消毒 なしでかけ流し。

当然 飲泉もできます。

身体が芯から温まる

これは僕の感覚だけど
サウナって 表面だけ温まって
発汗は凄いけど
身体の芯まで温まらないような気がするんです。

同じサウナに居る人も
僕と同じような感覚みたいで
サウナの後 必ず温泉の湯船で温まって帰るんです。

サウナに比べて ここのラドン温泉は
(天然のラドンではなくラドン発生装置による)
10分で サウナ並みに発汗できて
身体が芯から温まります ような気がする かな。

もっとも サウナって
汗をかいて 水風呂に入って
高温 低温 の温度差で
血管を柔らかく保ち
かつ 外気浴で整う
が目的だから 身体を芯まで温める は
サウナの本来の目的ではないんでしょうね。

だから僕も これはこれで大好きだから
ほぼ 毎日 ジムの後 サウナ 水風呂 整う
で 最後に温泉で温まって帰宅。

話しを竜王に戻して

とにかく ここのラドン吸入室は
ほんと温まりますよ。

水風呂もあるので 高温 低温 の交互浴もできます。

そして一旦出て 30分位整ってから
再度 入る を3回繰り返します。

なんか ここに来ていると
ラドンが鼻から入って
肺から血液に入っていくような感覚があるので
健康を維持できるような気がしますね。

あえて 難を言わせてもらうと
掃除は行き届いているけど
何せ 昭和55年開業 と
古さは否めません。

しかも 車が頻繁に通る
国道20号線 甲府バイパス沿いという立地。

正直 こんなところから 温泉が出るの? って感じだけど
でも それを補って余りある とっても良い温泉です。

万病に効く ということで
遠くから 湯治 に来ている方もいるようですから
あなたも一度いらしてみてはいかがでしょうか。

宿泊もできますから。 

【 飲食店の店内リフォーム
及び火災保険の活用アドバイス 】 

☆飲食店内損傷のプロが見ます!!☆

調査費・交通費 等
お店の経営者の方には
一切の費用の負担はありません。

店内リフォームは
必ずしも当社に発注する必要はありません。

保険金がおりた時にだけ
そのおりた保険金の中から
成功報酬をいただく
完全 成功報酬型 です。

保険金でリフォームするか
他の用途に使うかは自由です。

店内に保険金がもらえる破損があるかどうかは
専門家が見なければわからないことがあります。

加えて どう請求したら
より多く 保険金がいただけるかも
僕たちは熟知しています。

☆調査は無料☆

対象地域は、関東一都六県・山梨県・長野県・静岡県

その他の地域はご相談ください。

調査は無料で行きます!!

一度 電話での相談をさせていただければ
より詳しいお話しをさせていただきます。

★飲食店の火災保険活用について
ご相談を承ります★ 

下記のQRコードを読み取って
友達申請して

火災保険

と入力して送信してください。

パソコンの場合はID検索してください

  ↓

bmwmg

(個人ラインなので、後から余計なお知らせ等は発信しません)

☆直接 お電話・メール をいただくのも大歓迎です!!☆

TEL・FAX 055-280-8635
携帯   090-6002-5353  五味まで

E-mail スマホ:bmw5353mg53@gmail.com
E-mail パソコン: info@cleanlive-shonan.jp

火災保険 と入力して送信してください。

★↓このブログのお問い合わせフォームからも大丈夫ですよ★

火災保険 と入力して送信してくださいね。

コメントを残す

*