起業することが目的だったのかもしれません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
起業することが目的

目的が起業をすることだったとしたら

 

ちょっと言っている意味がわからないかもしれませんね。

 

世の中に

脱サラして起業しよう
定年で起業しよう
熟年起業しよう

という方 どれくらいいるでしょうか?

 

流行っている言葉ではあるけれども
そういう人は 圧倒的少数派

 

ほとんどの人が
そのまま会社勤めを続ける
定年になっても
起業するのではなく
勤め先を見つけて
パートでもいいから働く

あるいは 何もしないで
家でゴロゴロして
奥さんに鬱陶しがられる。

地域活動に出て行く

ほとんどがこの3つのうちの
どれかだと思います。

 

その中で あなたは
圧倒的少数派の 起業 という道を選んだわけですね。

 

起業することが目的 本当にその商品 売りたいの?

 

そして 何かの商品・サービスを携えて
起業したのだと思います。

 

たぶん あなたの商品・セービスは
素晴らしいものでしょう。

 

当然ですよね
素晴らしい商品だと思わなければ
起業してそれを売っていこう
などとは思わないはずですから。

 

でも・・・・

 

こんな人がいるのも事実なんです。

 

それは 起業が目的になっちゃってる人。

 

いや 本人は気が付いていないんです。

 

商品に惚れ込んで 売りたい
と表面上は思っているんですけど
実は 起業すること が目的だった

という人が。

 

起業することが目的 実は私もわからなかった

 

実はね 私も こんな人がいるということに
気が付かなかったんです。

 

みなさん 自分の商品・サービスを
本当に売りたい と思っている
と思っていたんです。

 

でも 最近 あることで
そうではない人もいることに気が付きました。

 

私がず~~っと見ていたクライアントが
今年になって
起業から足を洗ったんですね。

その方が こう言ったんです。

 

私はもちろん 自分のサービスが世の中から
必要とされている
売っていける と思ってました。

 

そして 実際 必要とされているサービスだ
ということもわかりました。

 

でも あれもやりたい
これもやりたいで
結局 私はただ 起業がしたかっただけではなかったのか と。

 

もちろん がむしゃらにやっている時は
そんなこと考えもしなかったけど
一旦 心を落ち着けて考えてみたら
そういう結論に達した

ということでした。

 

起業することが目的  もう一度 よく考えてください

 

ちょっと 何が言いたかったのか
わかってもらえたかどうか・・・・

 

もちろん あなたがそうだとは言いません。

 

でも もし 心の奥では
目的が 起業すること だった場合
うまく行かない可能性が高いです。

 

心の底から その商品を売りたい
この商品を買ってもらって
お客様によろこんでもらいたい

と 強く思っていないと
お客様にはわかってしまうのです。

 

だから 私は もんべやセミナー の冒頭で
まずは マインドセット から入ることにしました。

 

マインドセットができていないと
起業してもうまくかない可能性が高いから。

 

ランディングページも作り変えます。

 

マインドセット と言っても
巷によくある

自己啓発系 とは違います。

 

かぶる部分もありますが
あなたが起業して事業を続けていく上での
大事な考え方をお話しします。

私もメンターから最初に言われたこと。

 

セミナーの中で
お話しするつもりではいましたが
一番大事な部分 ということに気が付いたので
冒頭でお話しすることにしました。

ぜひ 聞いてください。
 
 
熟年起業家を業界の第一人者へ!!
 
★聞いてみたいこと コメント等ありましたら ぜひ ↓ からお願いします
 

コメントを残す

*

業界の第一人者になる!無料メール講座

業界の第一人者になるには?
あなたの強みを見つけて、ニッチな分野を探し出し、
「その業界の第一人者になる」 そのヒントを 7回に渡ってお届けします。


【業界の第一人者になる】メール講座詳細を見る