太陽光発電装置のメンテナンス事業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昨日 お話ししたように
太陽光発電装置の販売施工会社は
廃業したりしているところが
かなり多くなっているようです。

最初に太陽光発電を始めたころ
訪問販売が主流で
そういう会社が
太陽光発電が下火になって
売れなくなって
撤退していったそうです。

事業用がメイン

なので 発電効率が落ちていても
メンテナンスをどこに頼めばいいか
わからない

そもそも パネルが破損しているか
メンテナンスが必要かどうかも
わかっていない。

そんな方も多いんですね。

で 僕がこれから始めるのは
事業用の大き目の発電所の
メンテナンスがメインです。

規模でいうと 

パネルが200枚くらいまで
50Kw 以下の低圧

パネル6000枚くらいまで
2000Kwまでの高圧

の発電所です。

それ以上は
大手の管轄になるので
僕らは手を出せません。

家庭用もやります

もちろん 家庭用の太陽光発電装置の
メンテナンスもやっていきます。

というか 現状でも 
かなりのメンテナンス需要があるので
進行中ではありますけど。

北は青森から
南は鹿児島まで

申し訳ありませんが
現状 北海道と沖縄は
管轄外とさせていただいています。

調査は無料

僕たちは ドローンを飛ばして
上空から 赤外線カメラ を使って
パネルの様子を撮影します。

もし パネルの状態が
健全な状態でしたら
そこで めでたしめでたし で終了。

調査費・交通費などの名目で
代金を請求することは 一切ありません。

これは火災保険申請サポートと同じですね。

もし 異常が見つかれば
実際に現地調査に入って
修理を行います。

保険適用

基本的には保険適用です。
これも僕のやっている火災保険と同じです。

ただ 太陽光発電所の場合は
お金が手元に残る
ということではなく

保険を使って
持ち出しなしで
修理ができる

とご理解いただけるとありがたいです。

通常のメンテはAC側

ちょっと難しい話しになるので
ここは簡単にとどめておきますね。

今 太陽光発電所は
メンテナンスが義務付けられています。

ただし これは AC(交流)側で
DC(直流)側は 義務に入っていません。

DC側 というのは

太陽光パネル

と理解していただいていいと思います。

なので 僕たちは
このDC側のメンテナンスを
メイン事業としています。

極々 簡単な説明ですが
こんな感じです。

フェンス・支柱も対象

太陽光発電所は
フェンスで囲うのも義務付けられています。

さらに 敷地内に 支柱 が建っています。

で これが 結構な頻度で被害が出ていて
これも もちろん 保険が適用されます。

ご紹介ください

あなたの回りで
太陽光発電所を持っていて

●最近 発電効率が落ちている

●パネルの状態を見てもらいたいけど
どこに頼んだらいいかわからない

●設置から10年以上経っているので
一度点検してもらいたい。

そんな方がいたら
無料でドローンを飛ばして
点検してくれる業者がいるよ

と ご紹介ください。

一般家庭で
屋根に太陽光パネルを載せていて
メンテナンスが不安

という方もご紹介ください。

☆太陽光発電のプロが見ます!!☆

調査費・交通費 等
太陽光発電所をお持ちの方
屋根に太陽光パネルを載せている一般家庭の方
共に一切の費用の負担はありません。

☆調査は無料 北海道・沖縄以外
全国どこへでも行きます☆

一度 電話・ズーム等で相談をさせていただければ
より詳しいお話しをさせていただきます。

下記のQRコードを読み取って
友達申請して

太陽光発電

と入力して送信してください。

パソコンの場合はID検索してください

  

bmwmg

☆直接 お電話・メール をいただくのも大歓迎です!!☆

TEL 090-6002-5353  五味まで

E-mail info@cleanlive-shonan.jp

太陽光発電 と入力して送信してください。

★このブログのお問い合わせフォームからも大丈夫ですよ★

太陽光発電 と入力して送信してください。

お待ちしています!!

コメントを残す

*