違う土俵で勝負する 究極の悪女 菜々緒 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
違う土俵で勝負

違う土俵で勝負 棒演技の菜々緒

私は芸能ネタには弱い って言っています。

でも 自分の仕事につながるこういうネタは好きなんです(^_-)-☆

 

彼女は モデル出身で 棒演技 って言われていますよね。

棒演技 って セリフ棒読みとか
棒のように突っ立ったまま とか

まあ 演技がヘタクソ って意味らしいですね。

 

昔で言う 大根役者

大根のように どのように料理しても
煮ても焼いても お腹に当たらない(お腹をこわさない)
というところから 当たらない役者 = 大根役者

と同じ意味なんでしょう。

 

違う土俵で勝負して当たる

 
で 普通の女優として演技していると
棒演技 といわれて さっぱりだったのが
性悪女役をやったら これが当たった(受けた)わけですね。

今では 究極の性悪女 と言われているようです。

 

彼女自身も 『私は主役じゃなくていい』『こうなったら、嫌な女を極める』

と言っているらしい。

素晴らしいですねぇ。

 

女優という大きなカテゴリーの中から
悪女 というニッチを見つけだしたら
弱みだった 棒演技が 強みに変わった

ということなんですね。
逆に 同じ棒演技の 佐々木希 は
そのままのカテゴリーにとどまって
鳴かず飛ばず の状態です。

 

主役ばかりじゃ 芝居は成り立ちません。
主役を望んでいても無理だとわかったら
たとえ美女だったとしても、さっさと違う土俵に行く。

賢い選択ですよね。
 
 
熟年起業家を業界の第一人者へ!!
 
★聞いてみたいこと コメント等ありましたら ぜひ ↓ からお願いします
 

コメントを残す

*

業界の第一人者になる!無料メール講座

業界の第一人者になるには?
あなたの強みを見つけて、ニッチな分野を探し出し、
「その業界の第一人者になる」 そのヒントを 7回に渡ってお届けします。


【業界の第一人者になる】メール講座詳細を見る